One year since then


ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ

 

のうふをやっとります

 


あれから1年。

長く愛読し、今でも特に愛して止まない漫画の一つ「史上最強の弟子ケンイチ」。
その最終巻の感想記事投稿から本日でちょうど1年。

長かったような・あっという間だったような。

その間自分も周囲の環境が大きく変化し、最初は続けていた「トキワ」の感想も
現在すっかり途絶えてしまっており情けない限り;
(´・ω・`)



しかしながら、自分もアニメや漫画の感想にデッキ投稿、
イベントレポにホビーレビューなどをごった煮的に書いていますが、
その中でも特に時間が掛かるのが漫画…それもコミックスの感想記事です。

連載を追うのに比べて書く内容量も格段に多いですし、
画像のアップもかなりの時間を要しますからね…(´∀`;)


…でも不思議と「ケンイチ」だけはそういう労力的な部分はほとんど気にせず、
延々好き勝手に書いていたのをよく覚えています(笑

そしてそんな駄文・乱文を毎日多くの方が読んでくださっている事が
記事を完走する一番のモチベーションになっていたのは言うまでもありません

(´;ω;`)



…とはいえケンイチを最後まで読まれた方ならご存知かと思いますが、
諸々の事情からラスト付近の展開はかなり圧縮された内容となっていて、
松江名先生ご自身もインタビューで「あと約2年分の構想があった」と語っておられました。

その2年に一体どんな戦いが詰まっていたのか…。

今となっては知る術はありませんが、今でもコミックスを読み返す身としては
色々と妄想してしまいます。



特に今でも気になるのが
「最終的にバーサーカーがどこまで強くなったのか」
なんですよね〜((((;゚Д゚))))

おそらく彼は「武術的才能」と「強さへの貪欲さ」においては
他キャラの追随を許さない最高の素材といっていい存在。

あのまま行けばいずれ達人の領域へと到達するであろう事はもちろん、
初期に問題視されていた精神面も再登場後は非常に安定していたのを見るに
静動轟一も龍斗以上に使いこなせるようになった可能性が大。


さらに最終回で達人の域へと転げ落ちた事が示唆されていた兼一との
数年越しの再戦があったのか否か…とか。

色々【未知数】だった彼への興味は今も尽きません。




他にも「結局美羽さんと千影っちはどっちが強かったの?」とか、
「ホントに翔様は死んだの??」とか「オガちゃんの理想の武術界って??」とか
「蹴りの古賀さんのボインな彼女ってどんな子??」とか…。

気になる事、いっぱいありますYO!!Σ( ゚д゚ )\(゚д゚;)



とはいえ、それはいくら考えても想像・妄想の域を出ませんし、
ラストで兼一達の未来が描かれた以上は続編の可能性も限りなく低いでしょう。

それでもケンイチの魅力的なキャラ像や世界観はトキワにも色濃く受け継がれていますし、
松江名先生の【マツエワールド】は一層広がっていくはず!


…まぁ今からトキワの感想を再開出来るかは正直微妙な所なんですが(汗)、
もちろんコミックスは現在も購入中です
(´∀`;)

今後も松江名先生をいちファンとして応援していきたい!…と、
改めて感じる「一周年」でした。

 


コミックナタリー 松江名俊 「トキワ来たれり!!」インタビュー


ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ

 

健全な肉体は健全な心の生産物だ

 


「コミックナタリー」にて松江名俊先生のインタビューが掲載。

先日漫画ニュース発信サイト「コミックナタリー」にて、「トキワ来たれり!!」第2巻の発売を記念した
松江名俊先生のロングインタビューが掲載されました。


その中にはトキワだけでなく、ケンイチのラストに関する編集とのエピソードも語られており、
ファンとして非常に興味深い内容となっていましたね。



●「ケンイチ」を終了させることについて、葛藤などはありませんでしたか

松江名先生
「ケンイチ」は(中略)10年以上描き続けた非常に思い入れの強い作品で、
やっとクライマックスに持ち込めたところだったので…正直このまま楽しく描き続けたかったのが本音です


ですがマンガのスパンから考えると、あそこからすべてを回収して終わらせるとなると、
多分あと2年以上はどうしてもかかってしまう。

じゃあ2年後にサンデーがどうなってるか…ということを考えて悩みぬいた結果、
微力なれど私も新しいものを描こうと決断しました。



…まずはトキワを始めるに当たって、編集さんからサンデー創刊55周年を絡めた
年間プロジェクトのお話があったそうです。

しかし、「サンデーをもっと盛り上げてほしい」という大きな目標の上での事とはいえ、
やっぱり松江名先生にとっては苦しい決断だったみたいですね…(泣


あの最終決戦の前後に、おそらくあと2年分以上の濃ゆ〜い物語があったかと思うと、
そりゃあ死ぬほど見たかったですとも、ええ!!
(´;ω;`)


…ただ、サンデー的にも看板漫画の一つであったケンイチを終わらせるのは
結構な賭けだったようにも思えますしねぇ…。

何よりそこを押してまで松江名先生に「新連載を!」と依頼したという事は
それだけ先生がサンデーから頼りにされているとも考えられるのではないでしょうか。




●「トキワ来たれり!!」のキャラクターはそれぞれが読み切りの主人公ですから、
どれも主役を張れるぐらいの濃さを持っていますね。
各キャラクターはどのように作っていかれましたか?


松江名先生
昔描いた読み切りのネタから、少しずつ膨らませていきました。
短編集の「史上最強のガイデン」をお読みになった方には、気付かれた人もいるかと思うのですが。



●確かにプロローグ読み切りの「DEMIII」と、短編集に収録されている「超人ハラショー」のビジュアルなど、
共通する部分が見受けられますね。


松江名先生
最初はプロローグ読み切り3つのうち、どれか1つを選ぼうと考えていました。

でもマンガ家人生、特に週刊少年誌連載という過酷なスケジュールに身を置ける期間は
そう長いものではないなと思って。

そこでいつもの悪い癖が出て「よし、全部やろう!」と。




…おー、やはりトキワキャラは「ガイデン」の設定やビジュアルを継承しているんですね。

今まで憶測に過ぎなかった部分が公式でキッチリ明言されると
なんか嬉しいじゃあありませんか♪
・:*:・(*´∀`*)・:*:・


この分なら、過去作を読んだファンが「ニヤリ」とするようなキャラが
今後も大いに期待出来るんじゃないでしょうかね。
(マキナ君なら一影九拳とも戦えそうですし…(笑)


あと、「よし、全部やろう」という松江名先生の思い切りの良さも
相変わらず漢らしくてシビれるッあこがれるゥ!!




●2巻ではいよいよ1人ずつのキャラクターが掘り下げられて、
どういう人間なのかがわかってくるのが最大の見どころかと思うんですが。


松江名先生
そうですね。みんなが1つの家に集結して、家族のようなものを作る。
この作品のテーマは「擬似家族」でもあります。



●「擬似家族」と言いますと。

松江名先生
今は家族の縁というものが薄くなり、それが正しい価値観であるという風潮の時代になりつつあるかと思うんです。

そんな中で自分がいるコロニーが学校だけとか、LINEだけとかになってしまい、
ソーシャルネットワークの中で無視されたらそれで人生がおしまい、とならないようにするにはどうしたらいいのか?

おそらくそのためにはコロニーを1つだけせずに、部活でも趣味でもなんでもいいから
擬似家族と呼べるようなコロニーを何個も作っておくことが大事なのではないかと。




…まだ2巻は読んでないんですが、どうやら今はバラバラな4人が
これから一つ所に集まっていく流れになっていくみたいですね〜。

やっぱりトキワの家が溜まり場になっていくんでしょうか。
クロマティ高校の前田ん家みたいに(笑
(;´∀`)



あと「擬似家族」というテーマが挙げられていましたが、
これはケンイチにも通じるものがありましたよね。


始めは家にしか居場所がなかった兼ちゃんが美羽さんと出会い、
少しずつ成長しながら梁山泊、新白連合という「コロニー」の中心になっていきました。

また梁山泊自体もまさに「擬似家族」そのものであり、兼ちゃんの入門をきっかけに
より「本当の家族」に近付いていく過程が丁寧に描かれていました。


「トキワ」においては間違いなくトキワがそのキーとなるでしょうが、
唯一戦う術を持たない彼がどのようにして皆をつないでいくのか…楽しみですね。




●週刊連載をしながらそういった企画もこなされるのは、
相当ハードな日々ではないかとは思うんですが。


松江名先生
はい、昔から常につらいです…しかし、楽しいから大丈夫です!(笑)

マンガを描くのが本当に楽しいというのが私の最大の武器じゃないかと思っていますので、
これからも苦しんで、かつ楽しんで描き続けるでしょう。




…ケンイチ連載の合間を縫ってのオリジナルアニメ製作を始め、
松江名先生のクリエイター活動に対するバイタリティには本当に脱帽です(汗
(;・∀・)


またそんな先生だからこそ、きっと「トキワ」も大きく大きく育て上げてくれるはず!!

まだまだ始まったばかりですが、期待を膨らませつつ応援していきたいですね♪
(σ・∀・)σ

 



暦(;´Д`)

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

カウンター

最新記事<丶`∀´>

お品書き((゚゚дд゚゚ ))

月別(゚Д゚;≡;゚д゚)

コメンツ(゚д゚ )\(゚д゚ )

  • ベイブレードバースト神・第28話「吸血鬼!ディープカオス!!」
    せくたー
  • ベイブレードバースト神・第28話「吸血鬼!ディープカオス!!」
    花月(かづき)
  • ベイブレードバースト神・第27話「東京バトル!レアルVSリオス!!」
    せくたー
  • ベイブレードバースト神・第27話「東京バトル!レアルVSリオス!!」
    花月(かづき)
  • ベイブレードバースト神・第25話「闘剣!ジークエクスカリバー!!」
    せくたー
  • ベイブレードバースト神・第25話「闘剣!ジークエクスカリバー!!」
    花月(かづき)
  • ベイブレードバースト神・第21話「ジョシュアVS宇宙忍者!」
    せくたー
  • ベイブレードバースト神・第21話「ジョシュアVS宇宙忍者!」
    花月(かづき)
  • ベイブレードバースト神・第18話「迷宮!ブラックダンジョン!!」
    アンテナ
  • 月光(ムーンライト)デッキ・2017
    せくたー

オヌヌメ品('A`)人('A`)

オヌヌメ品('A`)人('A`)

オヌヌメ品('A`)人('A`)

オヌヌメ品('A`)人('A`)

オヌヌメ品('A`)人('A`)

オヌヌメ品('A`)人('A`)

オヌヌメ品('A`)人('A`)

リンクヘ(゚∀゚ヘ)

管理人生態(゜∀。)

ブログ内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM